製造業のものづくり魂

製造業のものづくり魂

製造業メーカーでは、人の力で物を造り、それを世界に向けて出荷しているようなイメージがします。その出荷する物に対しての情熱は凄まじく、開発と研究を重ねては、1つの物を生み出す能力を結集させては素晴らしい部品を生み出していると思うのです。

 

特に日本の製造業では、とにかく人を大切にします。人を大切にしてはその人の能力を活かし、能力を伸ばす活かすことに情熱をかけているわけです。

 

そして、製造業の大変さは、とにかく製造ラインを快適にし、故障しないようにして製造をすることです。故障はその日の製造ができなくなり、大幅なロスになるわけです。ですから、定期的な点検をし、修理をする箇所をする探しては修理をするのです。

 

製造業の大変さは、人とのコミュニケーションを大切にし、その製造でしっかりと素晴らしい製品を生み出すことができるようにすることです。

 

製造業のものづくりに対するイメージは、未来を考えた製造を考えているところです。未来を発展させるために、今の能力を大きく発展させては、それを未来のために活かせるようにと情熱を注いでいるようです。

 

たった1つの部品だけでも、それは建物を支えたり、組み立てる上で重要な部品でもあるわけです。その部品は小さいな部品かもしれませんが、その部品はとても重要だと認識しているのが製造メーカーなのです。

続きを読む≫ 2016/01/06 16:37:06

私は以前、食品関係の会社で製造業の仕事をしていました。特に興味があったわけではなかったのですが、勤務時間などの労働条件が希望に合っていたため、働くことにしました。
製造業なんて、初めての経験だったので、初めは見るもの全てが新鮮でした。
こんな風にして一つの製品が作られているんだなぁと感慨深かったですね。
製造業の仕事で、一番びっくりしたのは、異物混入を防ぐための対策が徹底しているということです。
食品関係なので、余計に厳しかったんだと思います。
工場内へ入る際には、埃や髪の毛1本でも入るのをふせぐために、手洗いから始まり、何段階もの処理をしてから、やっと入ることができます。
私物はもちろん持ち込めませんし、仕事上身に付ける手袋などには金属探知機に反応する成分が含まれていて、最終的に製品に異物が入っていた場合でも、出荷してしまうのを未然に防げるようになっています。
私たちが何気なく普段口にしている食品ですが、こういった企業努力があってこそ、安心して食べることができているんだなぁと身を持って感じました。
最初は全く興味などなかったのに、働いてみて、もの作りの楽しさというものを知りました。
色んな工場の見学に行ってみたいと思うようになりました。
出産を機に辞めてしまいましたが、また働きたいと思ってます。

続きを読む≫ 2015/09/04 15:51:04

製造業が強いところといえば、愛知県です。愛知のものづくりは有名で、実際日本一の実力を持っていると言っても過言ではありません。製造品出荷額の推移グラフを見ると、東京・神奈川・大阪をはじめとした各県と比べ、愛知は大きく差をつけて全国一であり続けています。また、製造業に携わる従業員数4名以上の事業所における従業員数は、これもまた全国一位となっています。

 

名古屋市を中心とした中京工業地帯は日本一の生産高であり、製造業と一口に言っても繊維、陶磁器、重工業、石油化学、自動車など盛んな分野は多岐にわたっています。その中において、やはりトップは自動車関連の輸送用機械で全国シェアも圧倒的です。製造品出荷額でみると、その後業務用機械、鉄鋼業、プラスティック、ゴム製品、電機・機械、繊維、窯業・土石、生産用機械、家具装備品と続き、これらの業種はいずれも全国1位となっています。

 

愛知県ではこの愛知のものづくりをブランドとして発信し、県内における製造業の競争力アップに役立てることを試みています。優れたものづくり企業が愛知ブランドとして認定され、伝統的な業態からハイテク産業まですでに300社近くもの幅広い分野の企業が認定を受けています。

続きを読む≫ 2015/08/21 15:09:21

製造業のバイトは、頭は使わないけれど、体力がかなりいる仕事だと思いました。製造業といっても、軽作業から重労働のものまで、担当する場所によっても仕事の負担度数は変わります。私がやったバイトは、1日のうちに、いろいろな場所を動くので、ずっと重たいものを運んだりするわけではないので、助かりました。適度に場所を変えてもらわないと、体力的にも持ちません。飽きもくるので、定期的に担当の場所を動くのは、良いやり方だと思いました。

 

でも、やっぱり体力は相当使います。疲れない仕事なんてないですが、立ちっぱなしでずっと動き続けるので、辛いものがあります。でも、やっていくうちに慣れてくるので、体力がついて疲れにくくなったときは、なんともいえない嬉しさがありました。あと、働いているうちに、体が引き締まったのも嬉しかったです。仕事そのものは、繊細さと丁寧さが求められます。ギフト用のパッケージを組み立てる軽作業では、軽作業とはいっても、デパートやカタログに並ぶ商品を取り扱うので、破れないように、汚れがつかないように、順番を守って組み立てる必要があるからです。

 

製造業は、職人の領域のものもありますが、私は、比較的誰にでもできる内容のバイトでした。職人領域ではない、軽作業や体力を使うような誰にでもできる製造業のバイトに必要なものは、忍耐力だと思いました。

続きを読む≫ 2015/08/07 15:06:07

みなさんは製造業というとどういうイメージがありますでしょうか?
きっと多くの方は製造業というと技術職なので単なる事務職よりも収入が多くて安定しているというイメージが強いと思います。

 

確かに製造業が事務職などよりも年収が多いのは間違いないです。
ですが、だからと言って製造業が安定しているかというとそうでもないです。

 

それはどうしてかというと、製造業というのは他の職種以上に景気に左右される職種だからです。それはみなさんもなんとなく分かっていると思いますが、景気が悪くなれば当然消費が落ち込みます。それに伴って製造業の仕事も減ります。

 

そうなると製造業で働いている職人は真っ先にリストラ対象になります。
ですから、いくら製造業の年収が単純労働の年収よりも多いと言っても景気に大きく左右されるという点ではかなり不利な面もあります。

 

しかも、製造業というのは思った以上に重労働で大変な仕事です。
ですから、製造業で働こうと思った時は上記のようながあってもそれ以上に機械いじりが好きだというような人がなるべき職種だと思います。

 

それならいくら製造業が大変だと言ってもこの仕事が好きだという気持ちが勝ってなんとかやっていけると思います。

 

そこで、製造業の仕事が好きだと思っている方に、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらのサイトなら、やりがいのある製造業の求人がたくさんありますよ。
自分の好きな事を仕事にする製造業で働きたいのなら、一度チェックしてみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
製造業の転職求人が8000件以上!希望通りの仕事が必ず見つかる

続きを読む≫ 2015/07/24 15:32:24

製造業としては意外と地味な仕事でしたが、メッキ関係の製造現場で仕事をしたことが有ります。
メッキというと、普通は鉄などの金属部分は経年とともに当然ながら錆や腐食が発生します。 その為に、表面に別の素材を被せてやり、錆や腐食を防止しようとするものです。

 

大きな金属の場合は、錆びにくい金属としてニッケルやクロムがありますが、此れを鉄の表面にメッキするのです。 ど存じのように水道の蛇口のように、ピカピカに光っているものは、一般にはクロムメッキされたものです。 そして、微細なものの金属には大抵は金メッキを施します。

 

小生は、この金メッキを主な仕事として作業現場に携わっておりました。 特に、電子部品が主で、電子機器関係の素材に金を被せてやり、腐食を防ぐのです。 例えば、小生が主にやっていたのは電気部品の基板というものに金メッキを施すのです。
金の場合は、“絶対に腐食しない”という特徴があり、この性質を生かして表面だけに金をコーティング(付着させるともいいます)することを金メッキと言うのです。

 

貴金属類のメッキ(実際では貴金属ではない)ではなく、家電関係やIC関係の極く小さい部品やパソコンなどの基盤の金メッキです。
金メッキするのに単体では出来ません、従って、素材はシアン化金カリウムという金とシアンの粉末の化合物を使用します。 所の素材はシアン物質ですので、強力に毒性のあるものです。 従って、管理が非常に重要になってきます。

 

製造現場は、大半が自動で行われますので途中の工程に関しては危険性などは全くなく問題ありませんが、主要材料や原材料等を供給する時は人が行います。 この時、このメッキの材料であるシアン物質だけは、厳重な管理のもとに資材課から調達するようになっています。

 

他に、現場の作業環境というのは毒物を扱っているということも有り、非常に厳格に管理されたクリーンルーム内で行いますので、労働環境にしても楽でクリーンであり、しかも安全管理にしても徹底して行われています。
メッキ作業は化学的知識と電気的な知識が必要ですので、興味の有る方は覗いてみては如何でしょうか。

続きを読む≫ 2015/07/10 19:47:10

わたしは大学時代の製造業の工場でのアルバイトが実際の就職のきっかけになりました。
もともと、製造業の業界を志望するにあたって、実際の製造現場とはどんなものか経験してから面談を受けたいと思っていました。
志望の業種は営業でしたが、実際に法人向けであれ、コンシューマ向けであれ、なかなか営業マンが製造現場を見ることは少ないと思ったからです。
ちょうど、第一志望の企業の工場でアルバイトを募集しており、3か月余りですがアルバイトをする機会にめぐまれました。
とにかく感服を受けたというのが正直なところです。
まず、なにより、正社員、派遣社員、アルバイトを問わず、全員が製造工程の改善点や提案を話し合う時間を夕方に持っていること、さらには当時はやりであったセル生産という流れをくむことでスタッフが非常に生産に対して向上意識をもっていたことが印象的だったのです。
私自身も製造工程に入ってみて、単純作業の中にも改善点があることを知ることができました。
実際の面談でもこの経験を話したことが好印象だったと思うのですが第一志望の企業、すなわちアルバイトしていた企業にめでたく内定をいただくことができ、今は営業として10年目を迎えています。

続きを読む≫ 2015/07/08 15:23:08

インターネット全盛の時代のためか、製造業に就こうとする若者の数が減っています。単調・重労働・賃金が安い。製造業には常にこういった声が付きまとい、さらに近年では中国をはじめ、アジア各国のより安い労働力に市場を奪われ、国内の製造業は存在の危機に立たされています。同業者の中でも、「製造業に未来はない」と言い、工場をたたむものも少なくありません。
本当に、製造業に未来はないのでしょうか?私はそうは思いません。なぜなら、日本の製造業は誇りを忘れていないからです。
考えても見てください。物を作るということは、何かしらを生み出すということです。物を作るというと、大きなものを想像する人もいますが、小さなネジ一本だって何かを生み出すことに代わりはありません。そして、大きな物だって、小さなものを組み合わせることによってできている。そこに大きいとか小さいとかの規模の違いは関係ありません。
日本の製造業は、労働条件ばかりが取り上げられて、こういった、物を作る喜びを伝え切れていないのではないでしょうか。形のないものを取引されることが多い世の中ですが、しっかりと形を作ることの大切さをアピールできれば、製造業にも未来はあると思います。

続きを読む≫ 2015/07/06 18:59:06

ホーム RSS購読 サイトマップ